DEEP FOREST/幻影の構成

読書記録。週2冊更新。A:とても面白い B:面白い or ふつう C:つまらない D:読むのが有害

北見崇史『出航』B、鷲宮だいじん『東京×異世界戦争』B

【最近読んだ本】

北見崇史『出航』(角川書店、2019年)B

 ある日突然家出した母を追って、母が向かった北海道の漁師町を訪れた青年。しかし彼がそこで見たのは、死んだはずの生き物が奇怪な化け物になって徘徊する奇怪な光景だった。そして青年はやがて、死者を蘇生させる秘密をもつ謎の書「根腐れ蜜柑」と、それにかかわる母の過去を知ることになる。

 クトゥルーであり、ネクロノミコンである――というのは、帯の内容紹介でだいたいわかってしまうのは良いのだろうか。小林泰三直系の執拗なまでのグロ描写が売りではあるが、それほど生理的に迫ってくるものはない気がする。

 別にクトゥルーの神々が出てくるわけではなく、それが残した本による死者の蘇生技術のみをめぐって人々が争うというのは、まあなんというかラヴクラフトとはまったく指向性の違う話ではある。

 タイトルどおり、最後は「出航」して終わる。最初から最後まで右往左往するだけのさんざんなお話だったのに、妙に前向きな印象をあたえる結末であった。

 

鷲宮だいじん『東京×異世界戦争』(電撃文庫、2019年)B

 東京都江東区有明に突然異世界へのゲートが開き、中からファンタジー世界の敵キャラのような化け物が次々に出てくる。街が破壊され、次々に人が殺される中、助け合って立ち向かう人々を描く。若き自衛隊員と反抗期の娘が主人公で、国家レベルの右往左往と、わが身を犠牲にしてでも他人を助けようとする無力なはずの人々の矜持、そして親子の絆が描かれる。

 シン・ゴジラを経たモンスター・パニック小説という感じである。視点が多いわりに話がわかりやすいし、1巻でまとまりも良い。

 ただ致命的なのは現れてくる怪物たちにまったく迫力がないことである。あとがきで150ページくらい削ったことが書かれているが、その部分に怪物側の描写があったのではないか。

 個人的には、ラノベのレーベルよりも一般文芸で出したほうが良かったのではないかと思う。できれば削除部分も復元した完全版を読んでみたい。

 

 

原浩『火喰鳥を、喰う』B+、塩野七生『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』B+

【最近読んだ本】

原浩『火喰鳥を、喰う』(角川書店、2020年) B+

 おもしろい。表紙のインパクトもさることながら、中身も劣らずおもしろかった。

 戦争で死んだ祖父が戦地で遺した日記と、現代において起きる奇妙な事件の謎を追っていくうちに、主人公は少しずつ奇妙な世界に迷い込んでいく。伝奇的なホラーに行くのかと思いきや、小松左京のSF味の入ったホラーを思わせる、現実感覚崩壊小説になっていく。

 やや冗長に思えなくもない。小松左京なら短編で書いたんじゃないかと思ってしまうが、戦場で実際になにが起こっていたのか判明する瞬間の戦慄は、なかなか類似のものが見つからない。道尾秀介がホラーとして全然怖くないようなことを選評で書いているがいったいどういうことなのか謎である。

 

塩野七生チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』(新潮文庫、1983年、単行本1970年)B+

 15世紀のヨーロッパを舞台に権謀術数の限りを尽くして父の教皇とともにのしあがり、マキャベリマキャベリズムのアイデアを与えた奸雄、チェーザレ・ボルジアを描く。

 正直流し読みしていたが、最期がどうなるかまったく知らなかったので終盤はなかなかにショッキングだった。きっと信長みたいに裏切られて死ぬのだろうと思っていたら、こんな死を迎えるとは。

 やはり大事なのは健康である。どれだけ頭が良くても、どれだけ強くても、肝心なときに病に倒れては何の意味もないのであった。

 塩野七生の、チェーザレ・ボルジアのあらゆる神格化を排した筆致は運命の無情さを引き立てている。

 

 

羽山信樹『光秀の十二日』B+、アラン・グリン『ブレイン・ドラッグ』A

【最近読んだ本】

羽山信樹『光秀の十二日』(小学館文庫、2000年、単行本1993年)B+

 薄いのであまり期待していなかったのだが、予想していたよりおもしろかった。

 本能寺の変のあと天下人になった栄華もつかのま、わずか12日後に光秀は秀吉に追い落とされ、落ち武者狩りに遭って惨めな死をとげる。そこまでの激動の12日間を描くのが本作。

 せっかく12日に話をしぼるのだから、ドキュメンタリータッチで史実を再現すれば面白いのではないかと思ったのだが、それだけではよほど書くことがなかったらしい。本作では光秀に仕える忍者たちが出てきて、必死に領地に逃げようとする家康を襲撃したり、細川や筒井順慶に援軍を求める使者として出向くなど、伝奇的な要素が強い。

 で、この伝奇部分がおもしろい。どれだけ忍者が活躍しようと、光秀が負けるのはわかっているのだから、彼らもまたそれぞれ滅ぼされていくのだが、それでも応援したくなる。

 対して光秀は、秀吉にそそのかされて謀反を起こした形で、「味方になる」という約束を破られそれを見た他の諸将にも見放され、ただただ憔悴していくところが精彩を欠いて哀れである。光秀よりもその周囲の、歴史に名を残さず死んでいった者たちの叫びを描いた小説といえるだろう。

 ちょっと気になるのが、光秀が実は肝臓ガンを患っているらしい描写が時折あったこと。著者の羽山自身が4年後の1997年にガンで若くして亡くなっていること、あとがきで執筆中になにかトラブルがあったと書いていることを考えると、自身の状況を織り込んでいるのかと思える。

 

アラン・グリン『ブレイン・ドラッグ』(田村義進訳、文春文庫、2004年、原著2001年)A

 おもしろかった。

 この面白さは、アイデアの奇抜さというよりは、ある種の様式美というものかもしれない。タイトルでなんとなく内容はわかってしまうが、飲むと本物の天才になるドラッグをめぐって事件が巻き起こるサスペンス小説である。一時的に本物の天才になり、恐るべき記憶力と分析力、そして眠る必要のない肉体をもたらすそのドラッグを使い、主人公はデイトレードの世界で大儲けしてのしあがるが、徐々にその副作用――心身の不調や意識の空白、そしてその間の身に覚えのない行動に悩まされるようになっていく。

 ドラッグ小説に多重人格テーマを融合するという工夫はあるが、展開は読んでいてだいたい予想がつく。

 それでもおもしろいのは、スタイリッシュな文体と、ストーリーの見せ方のうまさなのだろう。わかっていながら、突き放すようなラストには哀しみを覚えた。

 バッドエンドゆえにちょっと考えてしまうのは、こんな風にのしあがる前に、その天才能力で薬を分析するとか開発者を調査するとか、そういうことはできなかったのかということ。続編やスピンオフも作れそうな感じであるが、その後書いてないのだろうか。

 

 

田中啓文『チュウは忠臣蔵のチュウ』B、サイモン・カーマイケル『ノンストップ!』B

【最近読んだ本】

田中啓文『チュウは忠臣蔵のチュウ』(文春文庫、2011年、単行本2008年)B

 津本陽の『新忠臣蔵』を読んでいたおかげで、なかなか楽しめた。よく知られた『忠臣蔵』の読み替えのおもしろさが大半を占めるので、忠臣蔵についてほとんど知らない、という人にはいまいちかもしれない。あとがきでは忠臣蔵が年末の風物詩のように言っているが、10年以上経った今、それも遠い過去のことになってしまった。

 本作の背景にあるのは、松の廊下の刃傷事件は、浅野内匠頭吉良上野介の個人的な因縁をこえて、背後でうごめく徳川綱吉打倒の陰謀に利用されようとしていた、という考えである。しかし田中啓文なので話はストレートに進まず、黒幕の思惑も越えたドタバタが描かれる。深謀遠慮があるようで何も考えていない大石内蔵助のもとで、残された赤穂藩の人々は、籠城だの仇討ちだの恭順だのとその場の勢いでころころ意見を変える大石に振り回されながら、ただ目の前のことだけ見て好き勝手に暴れまわるのだ。

 しかしもちろん歴史は変わらず、本当は復讐など全然する気のなかった大石は、何かに操られるごとく、同志を引き連れて吉良邸へ討ち入りしていくことになる。そこへいたる躁病的なドタバタは、400ページもあると読んでいて時折ふっと虚しくなるのは、意図したことだろうか。

 ただ、一般には高潔と知られる人間が実はそうではなかった(あるいはその逆)、死んだはずの人間が実は生きていた、といったお話は、最近では歴史小説でよく見られる手法であり、そういう意味では新鮮さに欠けるきらいはある。

 田中啓文の特徴とされるエログロはかなり抑えられているとはいえ、ドタバタ喜劇のようでいてメインのキャラも時が来ればあっさりと死ぬ冷たさもあり、やはり間違いなく田中啓文である。

 ある程度忠臣蔵に詳しくなったうえで読むことをおすすめしたい。

 

サイモン・カーマイケル『ノンストップ!』(佐藤耕士訳、文春文庫、2010年、原著2006年)B

 平凡な日々を送っていた平凡な男トム・メロンのもとに、ある日友人から電話がかかってくる。彼は電話の向こうで今まさに殺されるところらしく、最期にトムの住所を呟いた。ほどなくしてトムの家は謎の組織に襲撃を受ける。わけもわからぬまま間一髪で逃げのびた彼は、自分をとりまく人びとの裏の顔を知っていくことになる。『ゴールデンスランバー』の映画でのんびりした風景から一転して必死の逃亡劇になるのに似て、急激な場面転換が良い。

 「サスペンス史上最速の体感速度を体験せよ」と謳うだけのことはあって、読みだしたら先が気になって、1時間半ほどで読み終えた。しかし、読後おもしろかったかというと、そうでもない。次から次への新展開、そして明かされる真実が、ことごとく重くて暗い。わずか2日間のドタバタ劇で、何人もの人間が死に、人の心の闇(まあ浮気とかだが)が暴かれる。そしてすべてが終わって、彼らが幸せになるわけでもない。このあたり、奥田英朗の『最悪』などの長編小説に似ているかもしれない。人びとはどん底まで落ちてから、ほどほどの幸せに戻る。その幸せというのは、この物語が始まる前よりもちょっと不幸という感じで、いまいち釈然としないのである。そういえば『最悪』もまた、息もつかせず一気に読めた。

 本作の場合、必ずしも完結していないのも良くない。トム・メロンの物語はこれでおしまいだが、脇役が次の作品で主人公になるという手法をこの作者はよくやるらしい。最後の方で、人を殺したままお咎めなしの警官など、伏線らしきものはいくつか残されているが、これがその後いったいどうかかわってくるか。訳されないと一生知りようがないのでまあ人気作家でいてほしいものだ。

 

 

早乙女貢『武蔵を斬る』B、津本陽『新忠臣蔵』B

【最近読んだ本】

早乙女貢『武蔵を斬る』(光文社文庫、1985年、単行本1981年)B

 宮本武蔵の初期の強敵で、修行を経て強くなった武蔵にやられてしまうことで名を遺した吉岡清十郎・伝七郎兄弟。その従弟にあたる吉岡清一郎が、吉岡一門復興のために武蔵を仇と追う、10年以上におよぶ遍歴を描く連作短編集である。いちおう股旅ものとはいえようが、人情ものとはとてもいえず、毎回ゲストキャラが死んで終わるあたりは、ハードボイルドやロードノベルの文法に近いのではなかろうか。

 時代的には関ヶ原の戦い終結から大阪の陣の直前にあたり、清一郎は各地で、再び来るであろう大乱を待ち望んで隠棲する強者たちに行き会う。そういうある種の無法地帯となった国のすがたが、山田風太郎にも通じる荒唐無稽な敵たちに説得力を与えているのかもしれない。

 もちろん武蔵は斬られないどころか最後まで姿を現わさず、清一郎はまったく関係のない争いで命を落とす。10年以上の執念の旅は無駄に終るわけだが、しかし不思議と、どこか行きつくべきところに行きついたような満足感がある。読みやすい佳品である。

 

津本陽『新忠臣蔵』(光文社文庫、1994年、単行本1991年)B

 「新」とあるが、実にスタンダードな忠臣蔵小説である。

 いたるところで史料を引用し、しかも同じものが2回出てきたりする悪癖はここでも同じなので、アマゾンでは罵倒に近い評価がされているが、いうほど悪いわけではない。全1巻で比較的短いし、簡潔な文体で緊張感があり、要点はおさえられている。それに、さすがに津本陽だけあって、剣劇シーンはなかなか良い。序盤で不調の大石が刺客に襲われるところなど、はらはらさせられるものがある。まあただ、91年に書かれたものなのだから、忠臣蔵ファンとしては新味が欲しかったのだろうが。

 あと解説が、忠臣蔵の「新説」の類を要領よくまとめてなかなか良い。特に、池宮彰一郎の『四十七人の刺客』(1992年)が、当時の歴史小説界にかなりのインパクトを与えていたことが、その興奮した紹介のしかたからうかがわれる。池宮が盗作騒動で消えなければ、現在の評価がどうなっていたか考えずにはいられない。

 

隆慶一郎『一夢庵風流記』A、K・W・ジーター『垂直世界の戦士』B

【最近読んだ本】

隆慶一郎一夢庵風流記』(集英社文庫、 年、単行本 年)A

 『花の慶次』の原作として有名な、前田慶次郎の一代記。

 エッセイからいつのまにか本編に入っていく語り口が良いし、慶次郎の自由奔放さも良いし、彼をとりまく個性豊かな人々も良い。とくに、慶次郎と愛馬・松風との出会いのエピソードが良い。松風は野生の暴れ馬で、一帯の馬を率いて人間たちに対抗していたが、武器ひとつ持たずに現れた慶次郎と出会い、達人どうしのような対決ののち心を通わせ、無二の相棒となる。それからは、まるで副官のように、慶次郎をサポートし、何度となく主人の危機を救うのだ。もうひとり、慶次郎に惚れこんで従者のようになる抜け忍がいて、彼らの命を狙いながらも慶次郎に惹かれてなにかと助けてくれる忍びの宿敵がいて、一番の親友となる直江兼続なんかもいて、彼らもなかなか良いが、しかしこれは、なにより動物小説として意外な収穫である。彼らの繰り広げるほれぼれさせるようなエピソードの連続のせいで、小物になってしまっている前田利家がかわいそうではある。

 朝鮮に渡ってから、最後の関ヶ原までは、やや歴史に縛られて窮屈そうな感じではあったが、最後まで楽しめる快作である。

 

K・W・ジーター『垂直世界の戦士』(冬川亘訳、ハヤカワ文庫、1998年、原著1989年)B

 雲を見下ろすほどの高い塔が舞台である。多くの人々は塔の中の「水平な世界」に住んでいるが、一部の冒険心あふれる若者たちは壁の外の「垂直な世界」へ乗り出し、北斗の拳のような武装集団が群雄割拠するフロンティアになっている。

 主人公のアクセクターもまた、水平を嫌って垂直の世界で生き抜く青年である。未知の映像を撮って高額で売ったり、エンブレムなどのデザインをして生計を立てていた彼は、ふとしたことから二大勢力の抗争に巻きこまれ、必死の逃亡と反撃を繰り広げる……

 こう、少年漫画的な、爽快かつ壮大なスケール感みたいなものを期待したのだが、そういうものはない。巨大な塔の外壁にとりついて生きる人々のお話ということであれば、まずその景色の壮大さ、美しさという描写が入るものだと思うのだが、あまりそういう描写はなかった。今やっているBLEACHのアニメのOPの歌い出しが「青天井は 澄み渡る」というのだが、少年漫画に共通するのはそういう、青空を見上げたときの爽快感ということがあると思うのだが、ジュブナイル的な表紙に包まれたこの作品はそういうものではない。

 しかし最後、この世界の対立の構図がぜんぶひっくり返るところはそれなりに盛り上がる。確か『グラス・ハンマー』なども含めて、メディア論的な思想を物語に組み込むのがうまい作家だが、本作でメディアが北斗の拳的な世界という「現実」をいいように作り上げて、みんながそれに騙されているという構図は、ブーアスティンの疑似イベント論などを想起させる。それに対抗するのがモールス信号みたいな原始的な通信手段だったりするのも面白い。89年にして、インターネットみたいなものを駆使しているのも、今思うと普通だが当時としては画期的だったのではなかろうか。

 ほんとうは三部作の構想があったのを1作でとめたものだそうで、続きはないのが残念。

井上靖『真田軍記』B、コニー・ウィリス『航路』上・下B

【最近読んだ本】

井上靖『真田軍記』(角川文庫、1958年)B

 200ページに達しないくらいの薄い文庫本に、8編の短篇小説が入っているということで、軽い読み物程度のつもりで読みはじめたら、なかなかどうしておもしろかった。

 おもしろかったのは、ほとんどがWikipediaにも立項されていないような無名の人びとの物語であること(ちゃんと史料に載っている名前であることは、井上靖自身があとがきで触れている)、多くは彼らの死に至る物語を鮮烈に描いていること、そしてその多くが彼らの人生最大の意地を張る瞬間を描いていることがあげられるだろう。

 たとえば、「真田軍記」の一編として、「海野能登守自刃」というのがある。武田氏の部将小山田信茂の家臣・海野昌景は、72歳にして、自分をろくに使ってくれなかった武田氏に見切りをつけて一族とともに出奔する。その後彼は真田昌幸に気に入られ城を与えられるが、真田もまた彼を警戒して討手を差し向ける。昌景は死を受け入れるが、彼らに殺されるのは潔しとせず、さんざんに敵を殺したのち息子と差し違えて死ぬ。意地を張って老齢ながらすべてをすてて出奔し、やはり意地とともに自ら死ぬ。

 あるいは「高嶺の花」では、ある小さな村にいた美人が、ある武家に嫁いでいったというところから始まる。彼女にひそかにあこがれていた男が、大坂の陣に参加して、彼女が嫁いでいった男に再会して、味方と思って油断していた彼を刺してしまう(この、何者かが味方を刺した事件だけが史料に残っているらしい)。戦場で錯乱したのだろうということで大した咎めもなく帰されるが、これもまた、どうにもならないことへの意地である。

 別に彼らは歴史を動かしはせず、史料の片隅に数行のこっているにすぎない。しかしそこで、たいした意味はなくても抵抗を見せるところが、なんとなく自分にも理解できるような気がするのだ。

 井上靖歴史小説を、もっと他に読んでみたくなった。

 

コニー・ウィリス『航路』上・下(大森望訳、ソニー・マガジンズ、2002年、原著2001年)B

 評判は知っていたが、あまりにも評判が高すぎて、面白さがわからなかったらどうしようかという不安があり、今まで読んでいなかったという本である。

 で、おもしろかったのだが、しかし自分の中でのベストといえるかというと、ちょっと微妙なところがある。

 なにしろ長い。上下巻2段組であわせて800ページのあいだ、ほとんど事件らしい事件は起こらない。ある心理学者のコンビ(頭のなかでスカリーとモルダーをなんとなく充てていた)が臨死体験とはなにかを研究していて、どうしても他人の体験談だけでは不十分なため、自分自身で臨死体験をすることになる。そこで臨死体験を人工的に起こすことができる(もちろん死ぬわけではない)ジテタミンという物質の存在が、ほぼ唯一のSF的な設定で、あとは体験者のインタビューと自分の臨死体験で見たものの考察がほとんどを占める。何人も被験者がいて、その人たちに話を聞くのである。

 そしてこれが、なかなかうまくいかない。作中人物はなにか行動を起こそうにも、会いたい人には会えず、伝えたいメッセージは届かず、言いたいことは伝わらず、記憶は改変され、相手がなにを言いたいのかもなかなか理解できない。それ自体が臨死体験のメタファーになっているのだとは大森望が『読むのが怖い!』で説明しているが、しかしまっすぐ進もうとするストーリーを阻むいろいろなものが、読んでいていらいらした。とはいえそれを飽きさせずに読まされたのは確かにすごいのである。

 ただ、最後は確かに良い話で終わったが、よくわからないところもあって、なかなか釈然とはしない。(以下多少ネタバレ)結局臨死体験というのは、見えるものは人によって違うが、最後には同じところに行くのか? リチャードがずっと夢と同じように扱っていたのに一転して臨死体験によってジョアンナを助けに行こうとしたのはなんだったのか? このあたり、どうしてもオカルトやスピリチュアルの要素が入りこんで来ていた気がして、納得できないところである。